2004年に制作した職人たち
 

ANDREA CHIESI
   石膏職人 アンドレア・キエージ








石膏職人とは石像やブロンズ像などを型取りして石膏で複製を作る職人です。
複製した後は色を付けて本物のブロンズや大理石、素焼きのように見せる事も出来ます。
アンドレア・キエージさんは相当大きな物も複製していて、エジプトの巨像なんかも作っていました。
バラバラに分割した状態で複製して、最後に組み上げるのですが、完成品は4メートルぐらいの高さがありました。
こういうのは映画のセットにする為に作るんだそうです。

キエージさんもコルシーニ庭園の職人展のレギュラーで、2003年に私が始めて参加した時、私のブースの隣で展示していたので知り合いました。
ユーモア感覚たっぷりな方で、冗談100連発、期間中笑わされっぱなしでした。
翌年、キエージさんの切り絵が完成したので、職人展の時に作品を見せたら大変喜んでくれて「おお、そっくりだ!しかし、この辺に髪の毛が2本足りない!」と頭の部分を指差しながらコメントしてくれました。
キエージさんはこの前年に腫瘍の手術をしたために随分痩せられて元気が無かったのですが、頑張ってジョークを飛ばしてくれたんですなあ。
また元気になってほしいものです。

作品集のアンドレア・キエージさんの切り絵もご覧ください。

工房所在地  via Niccolo da Usano,63-50126 Firenze

作品集の「石膏と語らう」へ


TOMMASO PESTELLI
 
 彫金家 トンマーゾ・ペステッリ







トンマーゾ・ペステッリさんもコルシーニの職人展で知り合ったのですが、この方は私と同様に、2003年に初めて参加、以後も毎回参加しています。
展示しているブースが近かったので割と頻繁にお互いのブースを見に行っているうちに親しくなりました。

ペステッリさんは老舗の彫金家の4代目で、フィレンツェのドゥオーモからベッキオ橋へ行く手前をちょっと脇道に入った所に工房を構えています。
1階がショールーム、2階の屋根裏部屋が工房となっていまして、うなぎの寝床のような低い天井の下、長身を持て余すように背中を丸めて仕事をしています。

金属と珊瑚やダチョウの卵、オウムガイの殻など、自然の物と組み合わせた作品が印象的です。

工房所在地  Borgo SS.Apostoli,20r-50123 Firenze


VALERIO NUTI
   CLAUDIA NUTI

  時計職人 バレリオ・ヌーティ、クラウディア・ヌーティ







フィレンツェではアンティーク時計の修理職人は時々見かけるのですが、彼らのように時計の製作からやっている工房は珍しいようです。
この方たちもコルシーニの職人展に時々参加していまして、私はこの前年の2003年に初めて見かけまして、時計の歯車の美しさに惹かれました。
その時はあいさつ出来なかったので、翌年取材を申し込みました。
バレリオ・ヌーティさんは寡黙で大人しい方でしたが、快く取材をさせてもらい話をしているうちにだんだんと打ち解けてくれました。

工房所在地  via della Scala,10r-50123 Firenze


LORIS VESTRUCCI
 
  スーツ職人 ロリス・ヴェストゥルッチ









シャツ職人のレオナルド・ブジェッリさんの工房で油を売っていた時に、近所で工房を構えているロリス・ヴェストゥルッチさんがフラッと現れたのが初対面で、いかにも頑固そうな風貌に強烈な印象を受けたので、その後でブジェッリさんに紹介してもらいました。

初めてロリスさんの工房を訪れた時はブジェッリさんの弟子の女の子に連れて行ってもらったのですが、2回目に一人で訪問した時はロリスさんの工房のあるアパートの門の前で道路工事をやっていたので、呼び鈴を押した時にドアロックが開いた音がわからなかったので2回ぐらい呼び鈴を押しちゃいました。
門を入った後も、どの入り口だったか覚えてなかったので迷っていたら、血相を変えたロリスさんが降りてきて「何やってんだ、おまえ!!」と怒鳴られてしまいました。


「怒られる!?」と一瞬血の気が引きましたが、すぐに機嫌を直してくれたので無事に取材は済みました。

後で聞いた話ですが、、以前ロリスさんは気に入らない客の耳を引っ張って文字通りつまみ出したんだそうです。
その客は結婚式の為にスーツを注文したが、受け狙いで「ズボンを半ズボンにしてくれ。」といった為にロリスさんの怒りを買うことになった。
知れば知るほど難しい方ですが、
私はこういう人を尊敬します。

工房所在地 via F.Fattori,4-50125 Firenze


TIZIANO BROGI
   活版印刷職人 ティツィアーノ・ブロージ









活版印刷とは活字を組んだ版を用いる印刷です。
最近は活字そのものを知らない人もいますが、要するにシャチハタの印鑑を枠にはめて文章にして印刷するようなものです。
15世紀にドイツのグーテンベルグという人がこの方法を発明するまでは、一枚の板に文章を彫った物を使って印刷していましたが、活字の開発により文字を自由に組み替えることが出来るため、これを生きた版という意味で「活版」と名づけられました。
活版印刷の発明により出版業は爆発的に発展し、ヨーロッパの知識水準を高める事に貢献しました。
現在ではコンピューターで取り込んだ画像や文字を直接版に写して印刷機にかける方法が主流なので、めったに活字を見ることはないのですが、それでも活字を紙に押し当てて印刷するこの活版印刷は彫刻的でとても美しい印刷物が得られます。

ティツィアーノ・ブロージさんの工房には印刷機が3台置いてありまして、一番古いのは15世紀にグーテンベルグが発明されて以来200年の間変化が無かった型で、流石にこれは実際の仕事には使われませんが、職人展で実演する時はこの印刷機を使ってます。
普通使っているのは電気で動く型で用紙を手で補給しなければならない。
印刷機自体はかなりの速さで刷るので、刷り終わった紙を抜いて用紙をセットする動作を一瞬でやらなければならないという・・・見ているとほとんど機械の一部になってました。
機械を人間の体の一部のように使いこなすってのは(例えば車、バイクや楽器とかのように)よく聞くけど、その逆と言うのは珍しいですね。

ブロージさんもコルシーニの職人展の常連なので職人展を通じて知り合いました。
私も以前は印刷会社の営業をしていましたので、ブロージさんの工房を取材した時はなんとなく懐かしい思いにとらわれましたね。

しかし、現在の印刷業界では、納期とコストと生産量を考えるとどうしても質的な限界があるので、ブロージさんのような仕事を見てると羨ましくなりました。

工房所在地 via Masaccio,23r-50136 Firenze


FRANCO LA ROSA
   ブリキランプ職人 フランコ・ラ・ローザ







ブリキ板を溶接してランプを作る職人さんです。
ラ・ローザさんもコルシーニの職人展に最初から参加している常連さんです。
この方のブースは私のブースの隣の石膏職人のアンドレア・キエージさんの隣にありまして、期間中羽飾り職人の作った天使の羽をキエージさんと一緒に背中につけて遊んでいました。
あの二人、背格好が似ているのでまるで双子のようでした。
見ていて思いっきり笑い転げましたが、ラ・ローザさんの方はキエージさんと較べたらもの静かな性格でした。

工房所在地 via Palazzuolo,92r-50123 Firenze


MASSIMILIANO SERNISSI
  SIMONA SERNISSI
   額縁職人 マッシミリアーノ・セルニッシ、シモーナ・セルニッシ






こちらも親子で制作しているのですが、もう一人、シモーナさんの妹のバレンティーナさんも額縁職人として一緒に働いています。
お父さんのマッシミリアーノ・セルニッシさんはあだ名をレオーネ(ライオンの意味)と言い、なかなか熱いおやじさんです。
工房の壁にヌードグラビアが貼ってあったりしますが、それだけでこの方の性格を表している。
女好きで酒飲みでサッカーが好きで・・・一つの典型的なイタリアの職人さんですな。

このレオーネ氏は親子3人の工房の体制の中では木工を担当していまして、2つある工房の小さい方で額縁の彫刻や、古くて使えなくなった額縁を組み合わせて修復をしたりします。
下絵抜きでいきなり複雑な模様を彫刻していくのには驚きましたね。
レオーネ氏の工房の隣の大きい工房では娘のシモーナさんとバレンティーナさんの二人が色塗りや金箔貼り等の仕上げを行っています。
こちらの二人もお父さんに似ているのか、気さくで熱い性格です。

職人展の会場、コルシーニ庭園の近くに工房があったので、初めて職人展に参加した時に彼らの工房を見つけたのですが、あまりの工房の迫力に圧倒されて取材を申し込むのをためらってしまいました。
広くて天井が高い上に、大型の額縁が壁中ぎっしりと掛けられ、更に全く内部のリフォームを行っていない為に1966年の洪水の時に、水が3mぐらいの高さまで来た跡までが残っているという、大変絵になる工房でした。

さて、彼らの切り絵を制作した翌2005年に工房を訪ねたら、丁度工房を引越す所でした。
家賃が払えなくなったのでもう少し安い所に引越すとのことで、本当に残念です。

作品集のマッシミリアーノ・セルニッシさんの切り絵もご覧ください。


工房所在地 via il Prato,46r-50123 Firenze

作品集の「ライオンおやじの工房」へ

 
GINO MATTEUZZI 
   カバン職人 ジーノ・マッテウッツィ









日本でも有名なカバンの工房「チェッレリーニ」の職人頭をしている方です。

職人の町として有名なフィレンツェですが、主流なのは彫金、モード、革製品ですね。
靴も革製品ですがカバン職人の切り絵も作ってみたかったので、松山猛さんの本でも紹介されているチェッレリーニにコンタクトを取ってみました。
最初工房が何処にあるのかわからなかったのですが、
ショップの2階が工房になっていました。

カバンは型紙に合わせて革を切り取り、縫製したあと金具を取り付けて仕上げます。
このチェッレリーニでは約3000種類のカバンの型紙があって、それがすべて工房の壁に吊るされている光景はまことに壮観です。

創業者であるシルバーノ・チェッレリーニさんも製品の質が落ちぬよう、いまだ現役の一職人として働いています。
ジーノさんは創業以来14歳の時からこの工房で働いています。

工房所在地 via del Sole,37r-50123 Firenze



資料集へ戻る