冬の散歩道冬の散歩道

25×35cm  
1999年制作  
大阪府個人蔵
 


サンカッシァーノ・バル・ディ・ペーザという田舎町の風景です。
イタリアの古い町の多くは古い時代の城壁で囲まれていますが、この町も同様に中世期の城壁が残っています。

サンカシァーノはフィレンツェから各駅停車のバスで、シエナ方面に30分ほど行った所にあります。フィレンツェからシエナの間は小さいけど美しい田舎町が他にも点在しています。チェルタルドやモンテリッジォーネ、コッレ・バル・デルザなど、中にはひと通り見るのに10分とかからないほど小さい町もありますが、建物も綺麗に保存されているし、また町へと続く道も葡萄やオリーブ、ひまわり畑が広がる、おだやかな丘陵地帯を横切って行くので、バスの窓から風景を見ているだけでも楽しめます。そういえば、葡萄畑を鹿が走っていくのを見たことがありました。ああいうのを見ると、その日一日いい気分で過ごせますね。

現在私はフィレンツェ職人シリーズ専門に制作していますが、そこに至るまで5年以上の間、試行錯誤を続けておりました。空想画から猫と風景を組み合わせたシリーズ、町で見かけた大道芸人や花売り娘など、いろいろなモチーフを試していました。
この作品もそうした状況下で作られた物ですが、制作後はトスカーナ州(フィレンツェが所属している州です。)の魅力にとりつかれたようで、しばらく風景画を制作していました。フィレンツェから日帰り出来る距離にある町へ、時々カメラとスケッチブックを持ってネタ探しに歩き回ったりしたものです。ついでに現地のお惣菜屋さんで昼食を買って食べるのも楽しみでしたから、こうなるとピクニック気分でしたね。









作品集に戻る