タロットカード
各15×21cm
1997年制作

このサイトで公開している作品の中では、最も古い時期に制作したものです。イタリアに渡って1年、ようやく言葉に不自由しなくなった頃の作品ですね。切り方やデザインのバランス等、流石に現在の目で見ると厳しいものがありますが、色を付けた最初の切り絵であり、またカードに込められた意味を知るために、古本の屋台でイタリア語のタロットカードの本を買い、辞書を片手に翻訳しつつ制作を進めた事もあるので愛着のある作品です。
完成させた直後にイタリアで初めての個展を開いているので、その意味でも思い出深いですね。
同じテーマでバリエーションのあるデザインをするのが好きなので、学生時代にもいろいろとタロットカードはデザインしておりました。それらはエジプト風であったり、ギリシア風のデザインだったりしたのですが、切り絵で仕上げたのは本作が初めてです。機会があれば、また挑戦してみたいものです。
普通タロットカードの表記は英語で書かれてますが、このタロットカードはイタリア語にしてあります。また、人物の表現は北イタリア・ラベンナのビザンチンモザイクを参考にしました。タイトルを「イタリア風タロットカード」とするのが正しいかもしれませんね。

作品集へ戻る