図鑑シリーズ楽器 その1
各9×9cm
2006年制作

バイオリン バグパイプ ソプラノ・クラリネット ギター
トランペット ハーモニカ クレタリラ ティンパニ
グロッケンシュピール(鉄琴) ハープ グランドピアノ

年に1種類、図鑑シリーズを作る事にしましたが、最初は動物シリーズの次だから植物あたりが妥当かなと思ってました。しかし「楽器の形ってどれも絵になる!」という事に気付いたので、さっそく資料を集めて36点デザインしました。イタリアに出発する10日ほど前にスタートしたので、全て仕上げるのは時間的に厳しかったです。
作ってて楽しかったですが音楽のことはよく知らないので、何かミスがあった場合はご連絡下さい。
バイオリン、やっぱりイタリアの代表的な楽器というとこれになるのでトップに置きました。
ソプラノ・クラリネット、フィレンツェ滞在中に知り合いの彫金家がどこかで見た形の物を作ってまして「これは何です?」と聞いてみたら、この楽器の部品でした。修復中だったそうです。
クレタリラ、これもバイオリン同様に弓で弦をこすって音を出す。
ハープ、すみません。弦の数はいい加減です。このサイズだとこれ以上の描き込みはちょっと無理ですね。他にもバイオリンやギターみたいな形の楽器だと、弦を描けるのは5本が限界みたいです。

図鑑シリーズ楽器 その2へ

作品集へ戻る